市販PCのグラフィックボード(グラボ)の乗せ変え、交換の手順を分かりやすく解説しています!

FRONTIERゲーマーズ
↑↑↑
PCの知識が無くても手軽に買える!ゲーム別推奨PCがオススメ!

グラボの交換は、16XのPCI-Expressタイプのスロットがある事が前提!

PCを開けて中を覗いてみると、赤で囲った部分のように、差込口っぽいのがズラズラ並んでいる部分が見つかると思います。(色はPCによって白だったり黒だったり違います)

この差込口はPCI-Expressスロット、PCIスロット、AGPスロット等の種類がありますが、その中で一番長いのが16XのPCI-Expressスロットです。

結論から言うと、ゲーム用のグラフィックカードの交換は、この16XのPCI-ExpressスロットのついているPC以外ではオススメ出来ません。

理由として、16XのPCI-Expressスロットを使用出来るかどうかで、データ転送速度が他のスロットよりも段違いに変わるからです。

逆に言うならば、他のスロット(差込口)でグラフィックカードを載せ換えるくらいならば、新しい3Dゲーム用PCに買い換えた方が早いです。

最近では、ゲーム専用PCもどんどん安くなっているので、10万円前後でハイスペックゲーム用PCが買えてしまいます。

16XのPCI-Expressスロットがついていなかったら、素直に新しい3Dゲーム用PCを買ってしまいましょう。

自分のPCに16XのPCI-Expressスロットがついているか調べるには?

PCI-Expressのタイプの3Dグラフィックカードは、2005年以降にはゲーム用グラフィックカードの主流になっているので、2005年以降のゲーム用PCにはほぼ間違いなくついています。

しかし、16XのPCI-Expressスロットが自分のPCについているかどうか調べるには、PCの型番を控えておいて、買った店に聞くのが一番手っ取り早いです。

PCを空けて中を見るだけでも、長いスロットがついているかどうかで判別出来ますが、マザーボード(PCの中身)は無数に種類がある為、自分で調べるよりはお店で調べてもらった方が確実です。

【グラボ交換虎の巻】メニュー

グラボ交換前の注意点

市販PCのグラフィックボード(グラボ)の乗せ変え、交換の手順を分かりやすく解説しています!

FRONTIERゲーマーズ
↑↑↑
PCの知識が無くても手軽に買える!ゲーム別推奨PCがオススメ!

グラボの交換は、16XのPCI-Expressタイプのスロットがある事が前提!

PCを開けて中を覗いてみると、赤で囲った部分のように、差込口っぽいのがズラズラ並んでいる部分が見つかると思います。(色はPCによって白だったり黒だったり違います)

この差込口はPCI-Expressスロット、PCIスロット、AGPスロット等の種類がありますが、その中で一番長いのが16XのPCI-Expressスロットです。

結論から言うと、ゲーム用のグラフィックカードの交換は、この16XのPCI-ExpressスロットのついているPC以外ではオススメ出来ません。

理由として、16XのPCI-Expressスロットを使用出来るかどうかで、データ転送速度が他のスロットよりも段違いに変わるからです。

逆に言うならば、他のスロット(差込口)でグラフィックカードを載せ換えるくらいならば、新しい3Dゲーム用PCに買い換えた方が早いです。

最近では、ゲーム専用PCもどんどん安くなっているので、10万円前後でハイスペックゲーム用PCが買えてしまいます。

16XのPCI-Expressスロットがついていなかったら、素直に新しい3Dゲーム用PCを買ってしまいましょう。

自分のPCに16XのPCI-Expressスロットがついているか調べるには?

PCI-Expressのタイプの3Dグラフィックカードは、2005年以降にはゲーム用グラフィックカードの主流になっているので、2005年以降のゲーム用PCにはほぼ間違いなくついています。

しかし、16XのPCI-Expressスロットが自分のPCについているかどうか調べるには、PCの型番を控えておいて、買った店に聞くのが一番手っ取り早いです。

PCを空けて中を見るだけでも、長いスロットがついているかどうかで判別出来ますが、マザーボード(PCの中身)は無数に種類がある為、自分で調べるよりはお店で調べてもらった方が確実です。

【グラボ交換虎の巻】メニュー